僕らはみんな生きている〜自由人ブログ〜

ハゲは本人の開き直りも大切

2019年03月02日 01時17分

ハゲは非常に悩ましい問題ですが、一種の開き直りも大切というお話です。
もちろん、一番は治した方がいいのですが、こういう考え方もあるのです。

 

ハゲを開き直る


ハゲを気にしている人がいますが、実際他人はどう思っているのでしょう。
本人は非常に気にしていますが、実際他人はそんなに気にしていません。

特に昨今は本人が気にしているほどその人の頭の髪の毛など話題にあがらないのが現状です。

確かに散髪に行ったりして髪形が急に変わると少しの間話題になりますが、実際は見た目ですから、
すっきりとした髪型をしていたら問題にはなりません。長髪から急にボウズにしたら最初は周りがびっくりするでしょうが、
2回目やそれ以降はそんなに気にならないものです。


それがカミソリで剃ったよう髪型であっても、最初の一回目だけです。
またあんまり人のプライバシーによるものなので、話のネタにできません。
当人が恥ずかしそうにしたていたり、髪の毛の話で口調が変わると他人は気づきますが、
堂々としているとそんなに気にならないものです。


芸能人でも最近は髪の毛が薄いのをネタにするようになるくらいですから、
社会的に認められてきている様な風情があります。カツラをかぶる人もいますが、
実際理容室の人から聞いた事によると、どんなに良いカツラでも違和感が漂うので、
実際見た目がおかしく見えるそうです。そういうことを考えると、
短いとか髪の毛が少なくなっても気にせず、少しずつ髪の毛やハゲを他人に認識させていくと何の問題も無く社会生活は可能です。


通勤時見ていると、
短髪や髪の毛の薄い人の多い事に気づくくらい、みんなそのまま生活を続けています。
髪の毛に悩んでいる皆さん。

開き直り堂々と生活するのもよいかもしれません。

どうしても我慢できない場合は、増毛という手があります。

スヴェンソンやアートネイチャーなどが有名です。

安い増毛が良いのであれば、スヴェンソンの評判を詳しく知っておくと、良いかもしれません。

スヴェンソンは定額というところがメリットです。

 

関連ページ