僕らはみんな生きている〜自由人ブログ〜

天然ってどういうもの?

2017年04月26日 05時22分

どうも。自称ウォーターサーバー研究家の丸山です。

今回は天然水とはというところをお話しして行きます。
 

天然水とは

天然水とは加熱殺菌やろ過、沈殿などの処理を施したもののことで、科学的な殺菌処理は一切行わず、
特定の水源から採水します。

中でもミネラル分を多く含んだものをナチュラルミネラルウォーターと言い、
含まれているミネラル成分は、ナトリウムやカリウム、マグネシウム、カルシウムの4種類で、
それぞれ体に与える影響が違います。


ナトリウムは人の体に欠かせない成分で、筋肉の収縮や神経の伝達などの調整を行います。

カリウムはナトリウムと共に体液の調整を行います。
また、カリウムは高血圧を予防し、細胞が正常に機能するよう働きかけます。

マグネシウムは体の中の酵素を活性化させ、エネルギーの産出を促します。マグネシウムのもう一つ重要な役割は、
カルシウムと合わさり骨の形成を促進することです。

骨は体を支え、臓器を保護する大切なものです。丈夫な骨を作るためには、
マグネシウムとカルシウムの存在が必要不可欠なのです。

このように、ナチュラルミネラルウォーターには人の体に良い効果をもたらしてくれる成分が豊富に含まれています。

さらに、4種類のミネラル成分以外にも、硫化イオン(サルフェート)やケイ素(シリカ)、
リン、バナジウムなどを含んでいる場合があります。このような成分には健康効果があると言われていますが、

過剰に摂取しすぎると逆に体に負担になってしまうことがあるので注意して下さい。

毎日適量のナチュラルミネラルウォーターを摂取し、自分の体の調子をしっかりと整えていきましょう。

軟水と硬水の違いは?