僕らはみんな生きている〜自由人ブログ〜

軟水と硬水の違いとは?おいしく感じるのはどっち?

こんにちは。ウォーターサーバーを使い続けて丸8年、自称ウォーターサーバー研究家の丸山です。

「硬水と軟水はどう違うの?」
「おいしく感じるのはどっち?」

一度はこんな疑問を持たれる人も多いのではないでしょうか?
このページではその疑問を解決していきます。

 

軟水と硬水の違い


硬度という単語を聞いたことはあるでしょうか。

軟水と硬水の違いはこの硬度が違います。

「水が硬いってどういうこと?」と思うかもしれませんが、
具体的にはカルシウム、マグネシウムなどの含有量が違うのです。


実際に飲んだ時の感じ方も違ってきます。

硬度が高い方、すなわち硬水の方は、
若干ザラザラした感じを覚えるでしょう。これは含まれるsカルシウムやマグネシウムが原因で生まれる
苦味からくるものです。

逆に硬度が低い軟水の方は、カルシウムやマグネシウムがあまり含まれていないため、
口当たりがよく、まろやかな感じを覚えるでしょう。


一度飲み比べをしてみると、かなりの味の違いに気づくはずです。

 

おいしく感じるのはどっち?

ではこの軟水と硬水、おいしく感じるのはどちらなのでしょうか?


結論から言うと、日本人がおいしく感じるのは軟水と言われています。
日本人はまろやかな口当たりの方を選ぶ傾向が強いためです。

しかし、もちろん硬水の方が美味しいという人も中にはいるでしょうから、
一度飲み比べをしてみて、自分が美味しいと思う方を知っておくのも良いのではないでしょうか。

 

軟水のメリットデメリット

軟水のメリットデメリットをご紹介します。

メリットは、日本人の口に合うため、
飲み水や料理に適しているということです。
また、赤ちゃんにも軟水であれば安全に飲ませることもできます。

デメリットとしては、ミネラルが入っていないため、
便秘の解消やむくみの解消などに効果がないことです。

 

硬水のメリットデメリット

硬水のメリットデメリットです。

ミネラルが豊富に含まれているので、
便秘解消やむくみ改善が期待できます。

また、血液をサラサラにしてくれるため、
動脈硬化の予防も期待できます。


デメリットとしては尿結石のリスクが高まるということが挙げられます。
また、日本人の口に合わないので、日本料理などには適さないのがデメリットです。

 

軟水と硬水の違いまとめ

軟水と硬水の違いをご紹介しました。
それぞれメリットとデメリットがありますが、
基本的には軟水がお勧めです。
このサイトで紹介するウォーターサーバーでは軟水が使われていることが
ほとんどですが、そういうところからも日本人には軟水が好まれていることが伺えます。

ただ、ご自身が実際に飲んで判断されるのが一番良いと思いますので、一度飲み比べしてみるのが良いでしょう。